住宅ローン見直しの目安とタイミング

MENU

住宅ローン見直しの目安とタイミング

住宅ローン,見直し,借り換え

住宅ローンの見直しで低金利のもに借り換えをしたり、繰上げ返済が効果的とよく耳にします。
しかし実際には、どのタイミングで見直しをしようと思うのか目安が分からない人が多いと思います。

 

まず住宅ローンの見直しのポイントは今現在の金利が契約当初よりも高いか低いかによって決まります。
金利が高くなってくれば繰り上げ返済は必要ないですが、低くなっていれば借り換えのチャンスと言えます。

 

借り換えは高金利の場合に低金利に借り換えすることにより金利分を抑えることができます。

 

しかし、手数料などの諸費用が数十万かかるため、借り換えの結果が諸費用以上の金額を減らせていないと意味がありません。

 

住宅ローンの借り換えは、借り換え残高が多く返済期間の残りが長ければ長いほど借り換えする効果があります。

 

住宅ローンの見直しを行った方が良いケース

住宅ローンの見直しを行う価値があるケースとしては、
・借入金が1000万円以上残っている。
・返済期間が10年以上ある。
・金利が現在の方が1%低くなっている。
上記の場合は住宅ローンの見直しのタイミングだと言えます。

 

金利は急に下るわけではないですが、1年に1度チェックするなどしてタイミングを逃さないようにするといいです。

 

このような努力をしてローン完済までににトータル100万円浮いたということもあります。

 

このような目安をクリアしていなくても借り換えはできるので、検討してみるのも一つの方法です。

 

しかし契約時の方が金利が低い場合は、借り換えはしないのが基本です。

 

わざわざ諸費用を支払ってまで高い金利のローンを組んでしまっては、損をしてしまうだけです。

 

そんな場合は繰越返済をして返済期間を少なくし利子分を浮かせる方法をお勧めします。

 

住宅ローン見直し

>>住宅ローンの見直しを行いたい時はコチラから<<


[住宅ローン見直し豆知識]の関連情報

住宅ローン,見直し,借り換え

夢のマイホームを購入しても長い期間、毎月返済をしていかなければなりません。現在は順調に返済できていても子供の教育費など、子供が成長していくたびにどんどんお金は必要になっていきます。そうなると給料がアップしない限り、家計は苦しくなる一方です。また、契約しているプランが変動タイプの場合、金利が高くなってしまうと、返済金もあがってしまいます。そのような場合には住宅ローンの見直しが必要になります。住宅ロー...

住宅ローン,見直し,借り換え

初めに契約していたローンの金利よりも低い金融機関を見つけたとき、それは借り換えをするタイミングでもあるかもしれません。しかし余計な費用がかかったりなど、結果的に損をしてしまう場合もあるます。そのため住宅ローンの見直しには注意する点がいくつかあるので、知っておく必要があります。住宅ローンの見直し検討する時に注意するポイント住宅ローンの見直しで一番多いのが、他の金融機関への借り換えです。その時、借り換...

住宅ローン,見直し,借り換え

住宅ローンの見直しの為に借り換えを検討している人は多くいると思います。しかし、借り換えできない場合もあります。借り換えにも審査があり、そこには借り換えの際の特有な落とし穴が存在するのです。借り換えには、年収、勤続年数、滞納暦、居住年数が一定の数字を満たしていることが条件であります。また返済比率、建物の評価も審査に関わってきます。新規ローンより借り換えローンは厳しい!?新規でローンを組む時よりも、借...

住宅ローン,見直し,借り換え

住宅ローンの見直しをする時に、つい金利率ばがり気にしてしまいがちです。でも実は保険も見直すことも、住宅ローンを見直すポイントの一つです。住宅ローンの契約の条件に、団体信用生命保険に加入するので、他の生命保険に入っている場合、何かあった場合に保障額から住宅費用をカットすることができます。死亡保障の保険は保障される費用を確認して、もしものときに一回に受け取れる金額一定の期間毎年受け取ることができる金額...

住宅ローン

住宅ローンを最寄りの銀行で借りてませんか?実際に、住んでいる土地に支店や本店がある銀行・信用金庫などの金融機関に申込みをする人が多く、現在でも利用者は多くいます。住んでいる近くの金融機関なら何かあった場合にすぐに行くことができますし、普段から預金などでその金融機関を利用しているから、住宅ローンもそこの金融機関で申し込むなど、理由は様々です。流通系銀行で住宅ローンの見直し最近では流通系であるイオンが...