住宅ローンの種類は大きく2種類あります。

MENU

住宅ローンの種類にはどんなものがある?

住宅ローン見直し

住宅ローンには種類があり、大きくわけて、公的融資ローン民間ローンの2種類が存在します。

 

公的融資ローンとは

公的とは公共の為に業務を行う機関のことであり、公共機関、行政機関、独立行政の法人を指し、財務融資自治体融資に分かれます。

 

財務融資とは

財務融資とは、財務貯蓄額の10倍までの借入れとされており、借入額は最大で4000万円までと決まっています。
他には1年以上財務貯蓄をしていることと、財務貯蓄額が50万円以上というのが条件となっています。

自治体融資とは

自治体融資とは、企業などがよく利用することが多いのですが、地方自治体が一般の住民を対象に融資しているローンの一つです。

 

居住年数や勤務年数が一定以上あることが条件であり、住民税など、税金を滞納していない事も条件であります。

 

民間ローンとは

民間ローンは、銀行、信用金庫や労働金庫などの金融機関が主に行っていますが、
生命保険を取り扱う会社や、住宅ローン専門の会社からも住宅ローンを利用できます。

 

融資金額も高額の借入れができ、物件の条件もさほど厳しくありませんが、返済能力の有無や、
収入、個人信用などの審査が厳しいことで有名です。

 

プランの種類も豊富で、銀行などの金融機関では金利が変動する変動型のものや、
固定金利のプランがあり、自分に合った住宅ローンのプランを選択できます。

 

また、会社が銀行と提携している住宅ローンなどもあり、これらの提携している金融機関を利用する事で、
通常よりも審査が通りやすかったりするので、いろいろ調べてみる必要があります。

 

住宅ローン見直し

>>住宅ローンの見直しを行いたい時はコチラから<<


【住宅ローンの基礎知識】関連情報

住宅ローン,見直し,借り換え

住宅ローンを借り入れする際、借入れ金額に金利がつきます。金利には固定金利と変動金利があり、住宅ローンを契約する際に、自分に合った金利プランを選ぶことができます。その金利によって、返済金額の総額が大きく変わってくるのですが、それぞれのメリットやデメリットを理解し、選ぶ必要があります。固定金利とは固定金利とは、契約したときに提示された金利が返済期間の間ずっと変わりません。最終返済まで金利率が変わらない...

住宅ローン,見直し,借り換え

住宅ローンの返済には30年や、今では40年のプランもあったり、長い年月をかけて住宅ローンを返済していきます。しかし、何十年も何も起こらず健康でいられれば問題ないのですが、事故や病気など万が一のことが起こると、返済が難しくなる可能性がでてきます。返済が難しくなると、せっかくのマイホームを失ってしまわなければならなくなります。そのため、住宅ローンを契約するには、生命保険への加入が条件として必要になりま...

住宅ローン,見直し,借り換え

マイホームを購入する際には、まず頭金を貯める必要があると言われています。頭金とは、自分の持っている貯金、いわゆる自己資金からいくらか支払う金額のことをいいます。頭金をいくらか払えば、その分住宅ローンの借入れ金額も少なくてすみ、月々の返済額もローンを満額借入れした場合と比べて少ないのです。また、頭金を出すことで、住宅ローンの審査が通りやすくなるともいわれています。また、同じ借入金に頭金を500万や1...

住宅ローン,見直し,借り換え

住宅ローンの返済方法は、下記の2種類があります。・元利均等返済・元金均等返済元利均等返済とは元利均等返済は、借入れ前に決められた返済金額を毎月支払うのですが、まず元金よりも先に利息から返済にあてられ、毎月の利息分を引いた残りが元金にあてられます。毎月の支払い金額は一定であり、毎月かかるお金の計算がしやすく、将来かかるお金の計画もたてやすくなります。また、返済額も少なくてすみ、負担が少なく感じます。...