住宅ローン見直しと借り換えの条件【住宅ローン見直しの基本】

MENU

住宅ローン見直しと借り換えの条件

住宅ローン見直し

マイホームを購入し、月々の返済が負担に思うようになったとき、住宅ローンの見直しをお勧めします。

 

そして借り換えをした方が、金利も安くすんで返済額も減ると分かれば、
すぐにでも借り換えをした方がお得なのですが、借り換えしようと決めてもすぐに借り換えできるわけではありません。

 

また、誰でも借り換えができるというわけでもなく、借り換えにも条件があるのです。

 

住宅ローンの借り換えの条件

住宅ローンの借り換えをする時には、住宅ローンの債務者と借換融資の名義が同じ者であることが原則で決められています。

 

年齢も制限されており、70歳未満とされていますが、2世代で返済していく場合は、70歳以上でも借り換え可能です。

 

日本国籍の有無も条件に挙げられますが、日本国籍を持っていない外国人でも、日本に永住許可を取得している人は借り換え可能です。

 

年収による借入れ基準もあり、年収合計返済額の割合が年収400万未満では30%以下、400万円以上で35%以下でなければいけません。

 

また住宅購入時に契約した住宅ローンを、借入れ申し込むまでの1年間以上、滞納することなく返済しているかどうかも条件の一つであります。

 

建物にも条件があり、床面積が一戸建ての住宅で70m2以上、マンションなどの分譲物件では30m2以上が必要とされています。

 

また借り換えの際にも、最初の住宅ローンの契約と同様に審査が行われます。
審査内容は返済能力があるかどうか、対象者の信用調査、また借り換えの条件を満たしているかなどが主に重要になります。

 

住宅ローン見直し

>>住宅ローンの見直しを行いたい時はコチラから<<


【住宅ローン見直し検討】関連記事

住宅ローン,見直し,借り換え

幸せな生活を送る事を夢見て、マイホームを購入する人が多いのです。しかし、実際に何年も必要な住宅ローンの返済に加え、毎年かかる決して安くは無い固定資産税、マンションでは管理費や修繕積み立て費、駐車場代にお金がかかってきます。マイホームは購入して終わりでなく、その後も思った以上にお金がかかるものです。住宅ローンの月々返済できる額は、生活ギリギリの金額を計画するのではなく、ローン以外にかかる費用も計画内...

住宅ローン,見直し,借り換え

住宅ローンは、金利の変動や法律により、金利や金額など、さまざまに変化をしていきます。住宅ローンを契約した当初は、自分に合ったプランだからと満足していても、時代の流れによって変わってきてしまうのです。住宅ローンを取り扱う金融機関は、世間の経済状況などのニーズに合わせた新しいプランを出し続けるため、昔とくらべて金利も安く、利用者にとってお得な特典も付いてくるようになっています。このようなとき、当時の住...

住宅ローン,見直し,借り換え

住宅ローンを契約すると、印税費や手数料など諸費用がかかります。借り換えの際にもそのような諸費用がかかります。借り換えを検討している場合、金利のことだけではなく諸費用も含めて考えておくことです。借り換えにかかる諸費用契約書に貼付する印紙税は、借入れ総額1000万円~5000万円以内で2万円程度、5000万円~1億円以内で6万円程度かかります。そのほかには事務手数料に3、4万円かかり、司法書士に抵当権...

住宅ローン,見直し,借り換え

住宅ローンの見直しのポイントは、住宅ローンの金利にあります。住宅ローンの金利には、金融機関が定める条件をクリアし、基準の金利よりも低く設定されている優遇金利というものがあります。さらに打ち分けると当初期間優遇と全期間一律優遇の2種類に分けられます。当初期間優遇の優遇金利内容当初期間優遇は固定金利選択枠に当てはめられ、最初の借入れの際には通常の金利よりも約2%近くも低く設定されます。しかし返済終了の...

住宅ローン,見直し,借り換え

住宅ローンの返済期間は、20年~35年で契約していることが一般的です。何十年もかけて返済していきますが、何十年も経つと時代も景気も大きく変わってしまうこともあります。初めに契約したときよりも、仕事が変わったり年収に変化があることも少なくありません。子供の進学にお金がかかったり、事故や病気などで思いもよらない出費がかさんだりなど様々なハプニングも起こりえます。そんなことが重なれば、住宅ローンの出費が...