イオン銀行の2種類の住宅ローンプランの特徴とは

MENU

イオン銀行の2種類の住宅ローンプランで借り換えるとお得!

イオン銀行,住宅ローン,借り換え

イオン銀行の住宅ローンには2種類のプランが用意されています。

 

他の金融機関と同じく、金利が変動固定のどちらかを選べるプランとなっています。

 

変動金利タイプの特徴

変動金利タイプをイオン銀行では”全期間金利差し引きプラン”とよばれており、
経済の変動により金利も上がったり下ったりと変動します。

 

手数料が高く設定されていますが、業界の中では最も低い金利でローンが組めるため、
高い手数料を支払ってでもメリットがある点だと言えます。

 

固定金利タイプの特徴

2つ目のプランは固定金利タイプのもので、イオン銀行では”当初期間金利固定プラン”と呼ばれています。
また当初期間重視プランとも呼ばれており、返済総額は少し多くなるますが、
初めにかかる手数料を安く済ませることができるプランです。

 

その他の便利なプラン

その他には、オプションを活用してローンを組むプランがあります。
長い人生の中には、何が起こるか分からない状況であり、事故や病気など予想がつきません。

 

もし契約者である一家の大黒柱が、仕事ができなくなってしまった体になったり、
万が一死亡してしまったら、残った高額なローンは家族の負担となってしまいます。

 

このような場合にオプションプランをつけることで、万が一何か起こっても保障されるようになります。
そのオプションが全疾病保障付き住宅ローンプランです。

 

日本人の最も死亡率が高いとされている、癌、脳卒中、心筋梗塞だけでなく、
高血圧、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎の合わせて8つの疾病保障がついています。

 

この8疾病の中の一つでも診断されたら、住宅ローンの残り金額を保障して支払ってくれるのです。
全ての住宅ローンにオプションでつけられるので、安心してローンを組むことができる仕組みです。
このようなオプションを活用してローンを組む事をお勧めします。

 

>>イオン銀行・住宅ローンの詳細はコチラから<<


[イオン銀行・住宅ローンの特徴]の関連記事

イオン銀行の住宅ローンには2種類のプランが用意されています。他の金融機関と同じく、金利が変動か固定のどちらかを選べるプランとなっています。変動金利タイプの特徴変動金利タイプをイオン銀行では”全期間金利差し引きプラン”とよばれており、経済の変動により金利も上がったり下ったりと変動します。手数料が高く設...

イオン銀行は他の金融機関と比べて歴史が浅く、住宅ローン自体も2008年にサービスを開始し始めた商品なのです。イオン銀行ができて住宅ローンの商品が発表された頃は、大手の金融機関と比べても金利が高く、利用者が増えることはあまりありませんでした。また、当初は地方銀行など昔からある銀行の信用があつかったため...